クエラピス(KuehLapis)

シェフChef

日本発のクエラピスを作って、みんなを笑顔に・・・。
こんな、今まで、誰もチャレンジしたことのない命題に挑んだのは、
青森県三沢市のレストラン「North 40-40」のシェフ・平林和さんです。
とにかく、負けず嫌いで
「できません」って言えないんです(笑)

僕はフレンチの出身なので、ヨーロッパ系のお菓子はわかるんですけれど、インドネシアが発祥のクエラピスについては、全然知らなかったんです。だから「これを日本中の人に食べさせたいから作ってほしい」と言われたときは、正直言って困りました。
でも、根っからの負けず嫌いで「できません」とは言えない性格(笑)。だから、レシピ探しやスパイスの配合など、研究に研究を重ねました。

こうしてできあがった僕のクエラピスはほぼオリジナルです。フレーバーもひとつずつ試行錯誤を重ねて、ようやくここまでそろいました。
味はもちろんですが、なにより、希少糖(レアシュガー)を使うことで、糖分が気になる方も安心して食べていただけます。まずは、日本全国のみなさまに味わっていただき、いずれは世界のみなさまに愛されるお菓子になっていったらうれしいですね。

平林 和Kazu Hirabayasi

1961年東京生まれ。
都内フランス料理店を経て、1984年にフランスへ。その後、銀座4丁目のフランス料理老舗「銀座レカン」にて、城悦男氏に師事。1990年青森グランドホテルに入社し、1997年には「レストラン・フラットウッド」を開店。2006年、「レストラン・ドゥグロッシュ」総料理長を経て、2012年より現職。

トップ
シェフ